• 東京理科大学 理学部数学科 宮原研究室

浩洋会からお知らせ


「宮原先生は名誉教授が授与されました」



 本年6月9日付けで、宮原先生は東京理科大学から名誉教授が授与されました。
宮原先生は理学部数学科教授として複素函数論における研究や教育にご尽力され、また在職中は東京理科大学の理学部長、理事として長年に亘り大学の運営にもご尽力されてこられました。

宮原先生 おめでとうございます。
2016年8月
浩洋会一同




「木村君の快挙を称える」



 本年3月、我が「浩洋会」のメンバーである木村光一君(昭和53年卒業)が、東北大学大学院博士課程(数学専攻)を終了し、見事に学位を取得することになった。ここに、雌伏5年の結果成し遂げた彼の快挙を称えたい。彼は予備校の実力派講師として長年活躍していたが、数学研究の念止み難く、遂に意を決して、職を辞し東北大学大学院に入学したのである。平成21年4月のことであった。彼は家族と別れ、笈を 負うて単身仙台の地に赴いた。その時彼は既に55歳になっていた。自分の子供と同じ位の年齢の学生と机を並べて勉強したのである。修士課程2年、博士課程3年と順調に研究は進み、遂にこの度、最終審査に合格して、理学博士の学位を取得することになった。彼の年齢を考えれば、これは並大抵の人間にできることではない、と賞賛の念に堪えない。研究を志したとき、彼の胸中には鬱勃として湧いて来るものがあったに違いない。それがこの5年間の彼を支えていたのであろう。
何はともあれ、初志貫徹した木村君、本当におめでとう。
平成26年2月 
 宮原 靖 



>>> 「浩洋会のホームページ」へ戻る

ページの上部へ